独学で勉強する

独学で勉強する - 行政書士について

行政書士について

独学で勉強する

スクールや通信講座では、講座を受講するだけで、難しいとされる行政書士試験に対して、効率的に勉強が行えますが、独学の場合には、全て独自に行わなくてはいけません。

また、質問をする相手がいないなど、デメリットも多く存在します。

しかし、独自の方法で勉強できるため、費用を最小限に抑えることもできます。

行政書士試験対策用の参考書や問題集なども、たくさん出版されていますので、こうしたものを活用して、独学でも勉強することができます。

行政書士試験を独自に勉強するには、行政書士試験対策用の六法、参考書、過去問題集、基礎問題集などの教材が必要となります。

これらは全て、出版年をよく確認してから購入する必要があります。

行政書士試験では、年によっては試験内容が改正されていることもあるので、特に、注意が必要となるのです。

また、信頼のおける出版社や著者を選ぶことも大切です。

内容が的外れでは意味がないので、慎重に選ぶ必要があります。
さらに、中身が見やすいなど、自分にあった教材を選ぶことが大切です。

独自の学習では、こうした教材が全てとなりますので、教材選びはとても重要な作業となります。上記の注意点を参考に、良い教材を選んでください。