行政書士の試験について

行政書士の試験について - 行政書士について

行政書士について

行政書士の試験について

行政書士資格は、行政書士試験に合格するか、弁護士や弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っているか、国や地方公共団体の公務員として行政事務を通算20年以上担当しているかの、いずれかの場合に取得することができます。

このうちの、行政書士試験について紹介します。

行政書士試験は、財団法人 行政書士試験研究センターが実施する国家試験です。
難易度はとても高く、近年では、10%未満の合格率となっています。

受験資格は特に定められていないため、年齢や学歴、国籍などを問わず、誰でも受験することができます。

申し込み方法は、郵送による申し込みと、インターネットによる申し込みの2つの方法があります。

受験手数料は同じですが、受験手数料の支払い方や、申し込みの仕方、申し込みの受付期間は異なりますので、注意が必要です。


行政書士の試験について

試験内容は、行政書士に必要な法令等と、行政書士に関連する一般知識等に分かれています。

ただし、法令については、受験する年の4月1日現在で施行されている法令からの出題となります。

詳しい試験内容については、法改正などによって変わることもあるため、行政書士センターが公表している行政書士試験の案内などで確認する必要があります。