行政書士法って?

行政書士法って? - 行政書士について

行政書士について

行政書士法って?

行政書士法とは、行政書士の業務の範囲や義務、行政書士試験に関する要件など、行政書士に関わること全般を規定した法律です。

例えば業務については、他人の依頼を受けて報酬を得て、官公署に提出する書類や、その他権利義務や事実証明に関する書類の作成や、提出手続きや許可認可の代理、契約などに関する書類の代理での作成、書類作成の相談を行えるものとしています。

行政書士法って?

ただし、他の法律によって制限されているものについては、業務を行えないとも定めています。

また、義務に関する法律では、事務所や帳簿、報酬額の提示、依頼に応ずる義務、守秘義務、会則の尊守義務などについて定めています。
さらに、行政書士は、誠実に業務を行い、行政書士の信用や品位を害するような行為はしないようにとも、定められています。

行政書士試験については、年に一度行うことや、行政書士試験の施行に関する事務を行う指定機関について、手数料など、行政書士試験に関する細かな規定がされています。

行政書士法では、この他にも、行政書士の資格や欠格事由、行政書士法に違反した際の罰則など、行政書士に関する様々なことが規定してあります。

行政書士は、この法律に従って業務を行うことになります。