行政書士の収入

行政書士の収入 - 行政書士について

行政書士について

行政書士の収入

行政書士の年収は、平均すると400万円から600万円と言われています。

しかし、これは平均値であり、特に独立開業してやっている場合には、年収が200万円くらいの場合もあれば、1000万円を超えることもあり、行政書士の収入には、格差が大きいと言えます。

中には、行政書士と他の仕事を現業していることもあります。
しかし、独立開業した場合には、努力次第でいくらでも収入をアップさせることができます。
他の行政書士が得意としていない分野を得意としたり、営業活動を積極的に行ったりすることです。

社会保険労務士や司法書士など、他の資格も取得することで、業務の幅が広がり、さらに収入のアップを目指すこともできます。
行政書士として多くの収入を得るには、こうした努力も必要となります。


行政書士の収入

独立開業した行政書士の収入は、報酬から得られますが、その報酬は自由に設定することができます。

平均的には、建設業許可申請で10万円から20万円、会社設立で10万円、告訴状や告発状の作成で5万円、宗教法人の設立では70万円となっています。
行政書士の報酬は、このように高額なものが多くなっています。
そのため、稼げない職業ではないと言えます。
ちょっとした努力次第で、いくらでも収入を得ることができるのです。